夢のつづきは

生きてゆくことの半分は 壁にぶちあたるばかりだ

SixTONESのJungleから抜け出せなくなりました

ジャニーズJr祭り2018~!!!!!!

お疲れさまでした~~~~!!!!!!

 

 

 

合同公演は行けませんでしたが、SixTONES単独公演に行くことができました~!!!ズドン!!!

 

超絶簡単にざっくりとまとめると、

楽しかった。めちゃくちゃ楽しかった。

SixTONESってヤバい。知ってた。マジヤバい。Welcome to the jungle.

 

 

 

覚えているうちに思ったこといろいろ書き留めておきたいと思います。(これ後々見返してから私は一体何を書いてるんだ…ってなるやつ)

 

 

 

長いことデビュー組の担当だったこともあったから、Jrの現場って未知数で、どんな感じなんだろう…と若干の不安を感じておりました。

 

慣れないデジチケってこともあり、いつもよりドキドキしながら横アリに向かって。 入ったらアリーナの8列目で、バクステがめちゃめちゃめちゃ良く見える席でした。

 

(バクステにあった草のオブジェがまさかこんなに重要な伏線だとは思わず、一緒に入った友人に「見て~なんかバクステのところに草がある~」って呑気に話してた)

 

メインのステージは遠かったんだけど、なんか檻?みたいなセットある…世界観出来上がってる…すごい…って会場入ってから「すごい」しか言ってなかった。語彙力の無さ露呈しすぎ。

 

 

 

横アリで見たことあるコンサートはV6とHey! Say! JUMPしかないんだけど、他のグループだとWESTとかTOKIOとかセクゾも行ったかな…ありがたいことにジャニーズの現場には結構いろいろ行けてる。

 

で、今回のJr祭りSixTONES単独公演。曲中、曲間のステージング、セトリ、舞台や照明の使い方全部ひっくるめて、Jrのステージとは思えなかった。すごかった。

 

 

個人的なこと言うと、V6の2011年のセクバニコンのエモさを超えるコンサートってなかったんです。というとちょっと語弊がありそうなんだけど、他のコンサートが楽しくなかったというわけでは全くなくて。今まで行ったコンサートは、全部全部素敵な時間だから。

 

ただセクバニはセトリ、構成、どれを取っても最高だった。未だにコンサートのDVD見たら鳥肌立つ。

 

でも7年超えられることのなかったそのコンサートを、SixTONES単独公演のたった一回で、軽々と超えてきた。

 

あれ、SixTONESデビューしてないんだっけ…?嘘じゃなくて…?デビューし……この人たち本当にデビューしてないの…?

 

デビューしてないのにこのクオリティー。SixTONESこれでデビューしてないのおかしい。

 

しつこいくらい書いたけど、本当に何度もそう思った。

 

 

彼らはセルフプロデュースの鬼。魅せ方をわかってるからこそ、言い方おかしいけど痒いところに手が届く、みたいな。(伝われ)

いい意味で度肝を抜かれる、予想を裏切られるステージで、「そうきたか!!!!」って私の中のジャニーズWESTが声上げてました。

 

  

1曲目に新曲『Jungle』を持ってくる強気な姿勢。本人達もMCで賭けだったと言ってた。初っ端から炎の特効バンバン使いまくりで、彼らの作る世界観に一瞬で引き込まれた。仕留めた獲物は離さない。一度迷い込めばもう抜け出せない、SixTONESの深すぎる沼改めJungle.

 

途中でもう一度Jungleを歌った時、ステージ中央の檻を蹴って破壊する演出も、Six最高に治安の悪いTONESでした…大好き…

 

北斗くんの『あやめ』が儚くて美しかったです。あやめの花を手にステージ上を舞う北斗くん。本当に踊るというより舞うという表現が正しい気がする。

シゲアキ大先生の作詞だから非常に文学的というか…「幼気に」なんて使います?いや使わない…その歌詞と北斗くんの歌声と舞にすごく合ってて、いやたぶんそれは北斗くんの表現力もあるけど(メロ人格)。曲の最後でセンターステージの真ん中で膝をつき、天を仰ぐ北斗くんは、触れたら消えてしまいそうだった。北斗くんと虹を歩いていきたい…。

 

 

Amazing!!!!!!は初めてフルバージョンで聞けた。愛が欲しけりゃ任せろLOVE…優吾…もう…一生ついてく…(突然のメロ)

任せろLOVE直後の、慎太郎くんの「側にいるから 信じてみろよ」という歌詞になんだがじーんときた。「俺らのこと好きになって後悔はさせないから、信じてみろよ」って感じがしてすごくSixTONESらしいなって思ったところだった。

 

慎太郎くん繋がりで、ソロ曲でもじーんときて泣きそうになった。慎ちゃんが歌ったのは戸塚くんのソロ曲『V』。この曲全く知らなかったので、なんとなーく、あー慎ちゃん爆イケだなぁ顔がいいなぁダンスも最高って思いながらモニター見てて。

途中の演出としてはセンステからメインのステージに戻って歌う慎ちゃん、Jrマンションから他のメンバーが1人ずつ出てくる、って感じだった気がする(ちょっと曖昧です)

 

華やかすぎる舞台の上  華やかじゃない位置にいても

 

その歌詞を慎太郎くんが歌うエモさよ。V聞きながらさっきも風呂で泣いたわ…

 

 

 

 

SixTONESが見据えてる未来っていうものは、デビューのもっともっと先なんだな、って改めて思った単独公演だった。きっとこの横アリの単独も、大きな目標へ辿り着くための通過点。

 

またここで。いや、ここじゃなくて、もっとでっかいところでやるから

じゅりちゃんのその言葉にも、しっかり表れてた。

 

きっと彼らならもっともっと大きな場所でやれるって、やらなきゃもったいないって、単独公演見て思った。待ってろ東京ドーム…!!!

 

 

 

 

今の時代はデビューが全てじゃないのかもしれない。

それでもやっぱり、デビューしてほしいって思う。CDだって出せる。たった1回じゃない、コンサートツアーも出来る。ファンにとって安定した供給が得られるから。今だってもちろん、YouTube然り、雑誌などのメディア媒体然り、彼らからたくさん与えてもらっているのに。欲張りなファンでごめんね。

 

 MC中、見学で来てたキンプリのデビュー日の話になったとき、ジェシー「(キンプリのCDデビューが5月23日だから)じゃあ俺らは22日にしようかって発言したときのスト担の歓声がそれはもうすごかった。

 

だから、絶対にデビューしようねって思った。

 

 

 

SixTONESはそりゃあもちろんすごい。

そしてこれは言うまでもないことかもしれないけどスト担もすごい。

ペンラ芸もC&Rも、気合ってかキレがすごい。それとノリがいい。ほんと、クラスメイトみたいだった。Wアンコールでのジェシーの「ヤダ~」からのAmazing芸にも、ストの誰かしらからの振りにもすぐ対応出来るし。Twitterおもしろいし。

 

楽しもう、盛り上がろうって気持ちがめちゃくちゃ強い。野鳥してんのに楽しんでる。後ろのお姉さん方とかすごかったもん…始まる前に「なにがあってもとりあえず楽しもうな」って言ってて戦闘態勢バッチリだった。隣のお姉さんとも肘ぶつかりそうになったりしてね…でもおかげで楽しかったです。スト担大好き。

 

色を変えられないペンラを持っていったので、それぞれのソロでメンカラに色を変えられなかったことだけが唯一の後悔です。絶対買おうと心に決めました。

 

 

 

殴り書きで、拙くて乱文で、読みにくくてごめんなさい。ほとんど自分のための備忘録です。

 

 

最後にこれだけ言わせてほしい。

 

 

 

SixTONES単独公演円盤化してください

事務所の偉い人お願いします。

V6 The ONESを見ました

 

 

2017年8月9日、V6の約4年半ぶりとなるアルバム「The ONES」が発売されました~~~~~!!!!! (若干の時差)

 

 

 

 

やった~~~~~!!!!!!!!

 

 

 

 

 

前作のアルバム「Oh! My! Goodness!」からもう4年半か…そうだよねあれ発売したの2013年だもんね…

 

 

今回のアルバム、初回A盤にはなんと収録曲すべてのMVが収録されているんです。

 

いや、これ素直にすごくないですか?(語彙力)

 

CMのキャッチコピーで「無茶したな、V6」って言ってますけどほんとその通りだよ。無茶したなV6…!!!!

 

2010年に発売してる「READY?」も、アルバムに収録されてるシングル表題曲のMVが全部入ってたので、なんて良心的なんだ~!!!って思ってたのに全曲MVがあるなんてさ…ほんと…なんて優しい世界… ありがとうじゃ足りない…

 

そしてこのアルバム、メンバーがそれぞれ一曲ずつプロデュースして、MVも作り上げてます。これがまた、6人の個性が出るなぁと思って。

 

 

ダラダラと超主観の6人プロデュース曲感想を書きます。(宣言)

 

 

 

坂本くんプロデュースの「Answer」は一切踊らない。ダンスで有名なV6が踊らないんです。でもかっこいい。MVの後半、力強い曲調と、メンバーがとにかく叫ぶ画が印象的です。息を切らして叫ぶメンバーがかっこいい。とくに坂本くんと健くんが超絶エロい。髪が乱れた健くんの色気がすごい。坂本くんは立ってるだけで色気ダダ漏れみたいなとこあるけど、叫んで肩で息をするスローモーションの坂本くんは最高にエロかった。

 

長野くんプロデュースの「Round&Round」は、2次元と3次元の狭間みたいなMV。

MVが解禁になったときに一番意外性を感じた。長野くんってなんとなーく掴めないというか、時々よくわからないことがあるんですが、きっと彼の頭の中にある世界観ってこんな感じで、混在してるのかなぁとか勝手に想像してみたりして。いや、きっと8割は食のことなんだろうな…そんな食の変態長野博も既婚者だという現実、3次元。

 

 

イノッチプロデュースの「レッツゴー6匹」は、とってもポップでかわいいMV。

歌詞の随所に、今まで発売した曲のタイトルがちりばめられていて、遊び心満載の曲です。MVでも今まで発売した曲のジャケットをイメージしてるんだろうなこれっていうアニメーションが出てくるから「アッ~~!懐かしい…!」「これあのジャケ写じゃん!」とかやいのやいの言いながら見てました。たのしい。イノッチのiPhoneで撮ったオフショットのような映像が流れるのが素っぽくていい。初めてMV見た時には、「あ~イノッチ!わかる!すき!」ってなった(語彙力)

 

 

剛くんプロデュースの「ボク・空・キミ」

こちらも一切、踊りません。MVの要である水中映像がとても美しい。実際に剛くんがプールに潜って(沈んでの方が正しい気がする)撮影したそう。あの泳げない剛くんが。水中で撮影。剛くん頑張った…(過保護)

剛くんは1人、何かを考え、答えを求めるように歩き続ける。ほかのメンバー5人は、ずっとリップシーン。優しくて穏やかな歌声と表情が曲の雰囲気と相まって、まるで短編映画をみているような、そんなMVです。

 

 

健くんプロデュース「Remember your love」

こちらは別れた恋人を忘れられない男の未練タラタラ恋愛ソング。MVはネオン管を使って、どこか孤独感を漂わせるような演出。もう君はいない、けど僕は君を忘れないよ…って歌い上げる6人がとても切ない。というかバラードを歌う井ノ原さんの表情が切なくてたまらんのだよ~~~~~~

健ちゃんは個人的にこういう失恋ソングをプロデュースするようなイメージがあったから、え~わかる~~~~って私の中では共感の嵐だった。

 

 

岡田くんプロデュースの「刹那的Night」は、個人的には今回のアルバムの中で一番ヒットした曲です。

さすがV6映像班岡田。チームラボさんのデジタルアートを駆使しまくったMV。岡田さんこういうの好きだもんね…わかる…

MVの衣装も西陣織の生地で作られているそうです。めちゃくちゃおしゃれだし綺麗。

そしてMVなのにMVっぽくない感じ。プロデュースした本人曰く、MVだけどMVじゃない(ニュアンス)とおっしゃっておりました。凡人には理解できなかった。

電気グルーヴ石野卓球さんが曲を提供、電子音ピコピコしてる感じの(語彙力なさすぎ)テクノっぽいけど、ブラスアレンジがかっこよくて、ストリングスも効いてて、っていう、聞いていて癖になる曲。歌詞がね、韻を踏んでて好きです。猜疑心からの下半身とかね…へへ…

 

 

本当は全部の感想を書きたいけど語彙が追い付かない

 

渡辺直美の出演した「SOUZO」もガシガシダンス曲の「never」も 沖縄で撮ったという「Cloudy sky」もMVも曲もなんだか不思議で謎の多い「DOMINO」もアルバムの最後を飾る「The One」も、シングル表題曲の「Beautiful World」「Can't Get Enough」「COLORS」も、みんなのうたで流れてた「太陽と月の子どもたち」も全部素敵なんです!!!

 

 

 

全体の感想は、前作からさらに歳を重ねて、より魅力の増したV6が表れてるなって思いました。前作はポップでキャッチ―な曲が多かったけど、今回はジャケットもシックで、曲も今の彼らだから歌える、みたいな、「大人の男」って感じがします。

 

 

 

気になった方はぜひCDショップへ。おこがましいけど、いろんな人に見てほしい!!!って思った。もちろん曲だけでも十分楽しめるので、買わなくてもいい。借りるでもいい。でも買って後悔することはないと思います。

 

 

アルバムが手元に来て、すべてのMVを何度も何度も繰り返して見た今、冷めないこの興奮を書き留めておこうと思い、乱文ながら文章にした次第です。

 

 

 

 

もうちょっと語彙力をつけたい。語彙増やすのを下半期の目標にしよ。

 

神ちゃんの言葉から考える「優しい人」

昔から頭で考えるよりも直感で動くタイプ。やりたいと思ったことは絶対にしますね。その代わり優しい人でいたい。

 


BRUTUSの3月号で神ちゃんがそんな発言をしていたのを、雑誌を読み返していて思い出した。

もう十分すぎるくらい優しいと思うのに、それでもなお、優しい人でいたい。と言う神ちゃんが、神ちゃんらしくて好きだ。

 

 

実際、優しい人でいるって、めちゃくちゃ難しいと思う。
だって、優しい人=いい人ではないから。

 

いい人は所詮“いい人”であって、それ以上でもそれ以下でもない。

 


よく、優しいと甘いの違いという議論がなされる。
優しい人は、他人に対する思いやりがあって、自己犠牲を厭わない人。誰かが道を逸れてしまったときに、そっちは違うよ、間違ってるよって、ちゃんと叱って連れ戻してくれる人。
甘い人は、人の言うことをなんでも受け入れて、いいよいいよって許しちゃう人。自分の中の芯がなくて、自分に対して生ぬるくて、都合のいい人。

 

自分に厳しく、時には人にも厳しい。それが優しさだって言う人もいる。

確かにそれも優しさの定義としては正しい。

 

でも優しさってそれだけじゃない。
"だれかの感情に寄り添える"ことも、優しさだと思うんだ。


神ちゃんが言ってるのは、この、感情に寄り添える人なんじゃないかなって、誠に勝手ながら私はそう解釈しました。

 

 

感情に寄り添う優しさも、これまた難しい。

 

例えば友人から相談事を持ち掛けられたとする。しかもそれが結構重大な相談。

神妙な面持ちで話す友人を前に、「どうしよう」「自分に何かできることはないか」と思い悩む。話を聞き終えてあれこれ考えるけど、いちばんいい言葉が見つからない。

だから「話聞くくらいしかできないけど、何かできることがあったらいつでも頼ってね」と参考書の構文のようなセリフを口にしてしまう。

 

そんなうっすいことしか言えない自分に腹が立ったりする。

 

でも寄り添う優しさも度が過ぎれば、恩着せがましい、鬱陶しい、おせっかいだと思われることもわかっている。でも相手はあんなに悩んでいるんだから…と考え始めたらきりがないので、そう言ってしまったことはもう仕方ない!と割り切る能力を取得したほうが自分も負のスパイラルに陥らずに済むと最近思い始めました。

 

結局問題を抱えているのは、自分ではなく相手。問題を解決できるのは、自分ではなく相手。 自分は相手が悩みの渦から抜け出せなくなって、立ち上がれなくなっているところで、手を引いてあげたり、立ち上がるのを支えてあげることしかできない。相手の問題を自分が解決しようなんておこがましいにも程がある。

 

そう考えると「話聞くくらいしかできない」という言葉が一番最善だし、「相手の話を聞く」という行為がすでに相手に寄り添えてるんじゃないかなって。自分に余裕がなかったら、相手の話なんて聞いていられない思うから。

 

自分に余裕がある人、こんな自分やけど、と自分を受け入れて愛せる人。

それを「優しい人」っていうのかなと、私は結論を出しました。

 

自分の感情に丁寧に寄り添える人は、相手の感情にも丁寧に寄り添える。それは感情に対する寄り添い方を知ってるからだ。

 

 

そんな「優しい人でいたい」と言う神ちゃんを、素敵な人だなと思う。尊敬する。

 

 

 


明日は今日よりもすこしだけ、優しい人でいたいと、そう思って生きたい。

ジャニーズWESTという沼に飛び込んだ話

GW最終日。皆さまはどんなGWを過ごしましたか。
私は相も変わらずアルバイトでGWを締めくくりました。そういえば去年のGW最終日もバイトしてた気がするな…
 
 
唐突なんですけど
この度、ジャニーズWESTの沼に飛び込みました。
 
ある程度沼に落ちる経験を重ねると、これはじわじわとはまっていき、でもやめようと思ったらサッと身を引く事ができるタイプ沼なのか、はたまた飛び込んだら最後、簡単に抜けることが出来ないタイプの沼なのかを判別できるようになっては来るんですが。
 
このジャニーズWESTの沼はやっかいなタイプの、後者の方の沼です。
なんかもう、抜け出せる気がしません。
 
 
GW中比較的暇を持て余していたのと、つい先日友人とヲタ会を開催したことに触発され、沼に落ちた経緯を自分なりに整理してみました。いい加減レポートやれよ自分…
 
 
 

初めに言っておくんですけど、ジャニーズWESTに関しては沼に落ちそうな気配は結構前からあった。
 
 

とりあえず明確に覚えているところから話すと、事の発端は菊池風磨氏のサマパラDVDから始まってます。
風 is a Doll? で、かの有名なPARTY MANIACSをJr.(確か安井くんとか真田くんとか)が歌っていて。
「なにこのバリバリのEDM曲〜!!!カッコイイ〜!!!!」と軽率にリピ決定。その当時はJrの曲だと思ってた…ごめんなさい
 
セクゾから身を引いた時期に、ふとこの曲が頭をよぎった。
 
しかし曲を探そうにも、なにせタイトルが思い出せない。何のDVDに入ってたかすらも思い出せない始末。記憶力が全く仕事してない。
 
調べるに調べられない状況の中で、あの曲は何だったっけ…という疑問ばかりが募っていった。
 
その答えがようやく判明したのは、それから何ヶ月か経ってからだった。
 
 
 

2016年4月13日、なんとなーく、作業の片手間程度に見ていたザ・少年倶楽部
 
中間淳太くんのTAMERを初めて聞いたのがこの時です。
 
ムチ持ってる…すごい曲…でもめっちゃ好きなタイプの曲…
 
 
お察しの通りこの瞬間に、沼へ一歩近づきました。
 
 
 その時の放送では、TAMERとEternalのメドレーでやってました。
ジャニーズWESTってこういう曲も歌うんだ~しかもダンスも歌も上手い...ちょっと舐めてた…やっぱムチ持ってるの控えめに言って最高…(結局そこ)
 
 
 
 
そこから約2ヵ月経ったくらいの頃。また少クラを見ていたんですが。
 聞いたことのあるイントロが流れ始めた。
 
「この曲知ってる…アレだ!!!」
 
思わずテレビの方を振り返ると、あの曲―PARTY MANIACSを歌っていたのはジャニーズWESTだった。
 

えっちょっと待ってこのバリバリEDMをあのいつもズンドコしてる彼らが歌ってんの?(偏見)
 
「あ、これたぶん落ちるわ(確信)」
 
って思うまで3秒かからなかった。
 

そこからジャニーズWESTに興味持っていろいろ曲も調べたりしました。
まず手始めに、PARTY MANIACSの収録されていたパリピポを借りることに。
 
あの頃も薄々思ってはいたけど、沼に落ちた今、声を大にして言いたい。
 
 
 
パリピポ、最高じゃないか。
 
 
 
ジャニーズっぽい歌謡曲に、パラパラに、ガチパリピEDMに、しっとり聴かせる不倫恋愛バラードまで、一つのアルバムでこんなにも幅広いジャンルを聞けるなんて最高じゃないですか奥さん!!!!!!!

幸か不幸か、いやもう全然不幸じゃないんだけど、たまたま高校生の頃友人に『go WEST よーいドン!』を貸してもらっていた。経緯は確か、粉もんという関西色激強な変わった曲があるからぜひ聴いてほしい!と言われ、半ば強制的にCDを持たされた事であったと記憶している。
正直なところ、その頃は彼らに対して興味もそこまでなくて、粉もんも結局聞いていなかった。時々思い出したようにええじゃないかを聞いてたくらい。
 
 よーいドン!も一通り聞いてみた。上手くね?歌めっちゃくちゃ上手いよね君たち…
 
この流れでラキセも借りちゃうよね。聞いちゃうよね。
聞けば聞くほど、彼らの魅力にはまっていく。
 
 
でもなぜか私は、この沼に落ちたらダメだ…という謎の使命感に見舞われていた。
 
多分それは、この沼にはまったら最後、簡単に抜けられないのがわかってたから。
 
小学生の頃からジャニーズのいろんなGにフラフラした結果、売ることも出来ず今も家に積まれるままのCDやDVD。売れないんだよね、想い出というか、好きだった証みたいで。時々引っ張り出して見たくなっちゃったりしてさ。わかりますかこの気持ち…ヲタクならわかってくれると信じてる。
 
ちなみに中学の頃おこづかい貯めていろいろかき集めてた関ジャニ∞のDVDのほとんどを兄に売られたっていう話は気が向いたらブログに上げたいと思います。
 
 
 
同じ事務所のGを応援しているわけだし、ジャニーズWESTに触れる機会は比較的多かったです。2014年のリトラクリスマススペシャルの放送も見てたし、いろんな音楽番組の録画も残してた。沼に落ちたくなくても、見てしまうんだよね。
 
とくに照史くんはお芝居の印象だった。偶然なのか何なのか、照史くんの出ているドラマは見ていた率が高い。『鍵のかかった部屋』の6話とかつい最近まで録画残してた。この回、V6の坂本くんも出てたし、ロケ地が家の近所で興奮してたなあ。この時の照史くんまだJr.だったしなんかまだかわいい感じだった。
真夜中のパン屋さん』は原作のシリーズ本を読んでて、ドラマ化にあたってキャストにぶーぶー文句垂れてた。実際ドラマ見たら案外はまってたからいいんだけど、暮林には未だ納得してないから…暮林はタッキーじゃないと思うんだ…もうちょっとおっさんだと思うんだ…気になる方はぜひ原作の本も読んでみてください。たしか5巻か6巻くらいまで出てた気がします。私は3巻までしか読んでないんですが()
『あさがきた』はもうね、言うまでもないですか。榮三郎さんです。
 
 
 
照史くんの話しかしてないのは気にしないでください。
 
 
 
そうやって(どうやって?)なんとか保ってはいたんです。沼まであと一歩のところで、ぎりぎり踏みとどまりながら。

それがなんでこうも簡単にジャニスト沼にズブズブ落ちてったかって言うと、友人のおかげなわけで。
 
「絶対好きにならないグループなのに、これは確実に落ちる」
 
その言葉に、ポンって背中押された感じ。
もういいかなって。ここまで来たんだし、飛び込んでみようかなって、思ったんです。
 
そしたら気持ちいいくらい豪速で沼に沈みました。
 
 
 
 
4月23日、ジャニーズWESTのCDデビュー3周年記念でしたね。私事ですが、彼らのデビューと同じ日に誕生日を迎えました。
「えっ誕生日と一緒!!!!!!うぇすとおめでとー!!!!!あと私もおめでとー!!!!!!」
無意識にパリピポのコンサートDVDをポチりました。自分が怖い。
 
 
 
 
 
そんなこんなで現在順調に沼の奥底へ沈んで行っております。
 
 
 
 
ブログ開設して初めて書く記事がこんなんで大丈夫なのだろうか。
書いててグダグダだったんですが最後まで読んでいただきありがとうございました。